クラミジアの症状

a pile of medicine with many type capsules

クラミジアは、早めの治療が完治のカギとなる病気です。症状が出ているのを放っておくと、ただちに命に係わるということはないものの、重篤な症状を引き起こすこともあります。将来に暗い影を落とすような結果になることもあります。ここでは、どのような症状が出たらクラビットで治療をすべきか、その点について説明します。

クラミジアは淋病や梅毒、またHIVと同じような性感染症のひとつですが、症状としてはその他の性感染症に比べると表に出ないものとなっています。
淋病は、特に男性の場合性器の先から黄色く濁った膿が出てくることがありますし、梅毒やHIVに感染した場合は皮膚に異常が出てくることがあります。
しかしクラミジアは、淋病と同じく膿が出てくることはありますが粘度の少ない透明な膿で、ちょっと見た限りでは別の液と見間違えがちです。そういうわけで、見た目的にはあまり大きな症状はありません。そのかわり、特に男性の場合は尿道の炎症が引き起こされるので、トイレに立ったときに激しい痛みに見舞われることになります。人によってはトイレに立つのがイヤになるくらいの痛みであるといわれています。女性の場合も痛みがあり、おりものの増加などの症状も見られるようです。痛みがあまりない場合でも、感染している間つねに尿道に違和感を感じることになるとされています。
最近は痛みがあまりない場合、が増えているので、ちょっとでも違和感を覚えた場合にはクラミジアの感染を疑うべきだといえます。

クラミジアになっているかどうかわからない、クラビットを買っていいものかどうかわからないというときは、クラビットを扱っている通販サイトで同じく売られている検査キットを先に購入して調べてみるといいでしょう。尿を採取してチェックするだけの簡単な方法で、感染しているかどうか確認できます。